pagetop
post

COMMUNICA

ブログ 2016年12月07日
「成長できる職場」コミュニカ物語(5)

静岡・焼津で建設・土木を中心にビジネスを展開する橋本組の幹部候補生研修を担当させてもらっています。3.5時間 x 6回の標準コースで6か月間かけて「覚悟108」を講義し、グループディスカッションで仲間の相互理解を深めてもらうことを目的としています。このようなパターンの企業研修を今後のコミュニカのビジネスの柱にしていきたいと考えていた矢先のご依頼だった。

専務の橋本さんとの出会いは静岡銀行様主催の山元塾でのこと。もっとも積極的にリーダーシップを発揮してくれた橋本さんが、山元塾直後に自分の会社の大切な社員に「覚悟108」研修を受講させたいと、研修の相談にコミュニカオフィスまで来て下さいました。研修の内容や出席者のプロファイルなどその場で詳細な話し合いができました。英語堪能な教育担当の奥様もご一緒でした。

想像を超えたスピードと丁寧な準備であっという間の10月開講となりました。プロファイリングから毎回の宿題の提出・教室の雰囲気作り・筆記試験への真剣な取り組みなど、どれを取ってもこれまでの「山元塾」のすべての記録・記憶を塗り替える思いやりを感じます。橋本専務の社員に対する熱い思いが伝わってくる最高の職場だなと毎回感心させられます。社員の皆さんの参加態度も想像をはるかに超える前向きで明るい笑顔で溢れています。

これだからこそ、何ヶ月待ってでも橋本組に家を建ててもらいたいというお客様で行列ができているはずですね。豊かな日本の未来を作るためにも素晴らしいリーダーの存在の大切さをあらためて勉強させてもらえる最高のプロジェクトです。これぞ「成長できる職場」の典型ですね。こらからも「覚悟108」研修を通して素晴らしい企業やリーダーとの出会えるよう我々も努力を続けます。