Soul of Language
小西麻亜耶の英語学習ブログ
-グローバルに活躍する一流のビジネスパーソンへ-

外国人は「英語の発音」で人を見分ける

  • 真のビジネス英語
  • 2020.02.17

外国人は「英語の発音」で人を見分ける

出典:

こんにちは、「コミュニカ」英語塾を主宰する小西麻亜耶です。

英語がグローバル・コミュニケーションの共通語の座に君臨している現代社会において、英語ができなければあなたのチャンスや可能性はしぼむ一方です。日本のマーケットだけでは、成長が困難になりつつある今、企業の海外進出は必至だと言えるでしょう。

世界で戦うなら英語もできるほうがいいという話ではなく、「英語がもっとも大切」だと言えるのです。もちろん英語さえできればいいということではありませんが、日本人は常に英語ができない言い訳を用意しています。

世界で本当に通用する英語力

では、世界で本当に通用する英語力とはどういうものでしょうか。一般的に英語というと、文法や語彙数が実力の証と考える方が多いのですが、ヒアリングとリーディングだけのTOEICの点数が900点を超えていても、まったくビジネスでは通用しないことがよくあります。ビジネスの場面ごとにふさわしい話し方を身につけることが何より重要です。

「このミーティングでの自分の役割は何だろう」
「自分の意志をどう伝えたら相手にもっとも刺さるのだろうか」
「相手は何を望んでいるのだろう」などを考えながら話さなければならないことは、日本語だろうと英語だろうとまったく同じです。

TOEIC対策の落とし穴

TOEICのテストの点数を上げるコツやノウハウをどれだけ勉強しても、現場で使えないことは容易に想像がつくと思います。韓国のサムスンでは、独自のスピーキングテストを開発し、それを海外転勤の指標にしているそうですが、コミュニケーション力は英語以前の問題であり、現場で鍛える以外に方法はないのです。

日本では今、英語は道具なのだから通じればいいじゃないか、日本人なのだから日本語訛りでいいじゃないかという「アジアン英語」「グロービッシュ」がブームです。英語が苦手な人の多い日本では、そのような本がたくさん売れる傾向があります。しかし、ダマされないでください。それは世界でまったく通用しません。

言語は人と人とのコミュニケーションツール

言語は人と人とのコミュニケーションツールです。話し手と聞き手の間で「音」の交換がなされることによってコミュニケーションが成立するのです。音がメッセージを伝達するのです。メッセージには伝えたい内容だけでなく、話す人がどんな人物なのか、この人は信用できるのかなどの付随的な情報も伝達されます。
心理学のメラビアンの法則によれば、人が物事を判断する上で参考にするのは、見た目が55%、話し方や態度が38%、話す内容が7%と言われています。通常、この法則はいかに見た目が重要かという意味で引用されますが、話し方も約4割を占めていることに注目してください。

日本語におけるコミュニケーションでもまったく同じはずです。どれだけもっともなことを話していても、話し方がたどたどしい人のことは簡単には信用できないでしょう。そういう人をビジネスパートナーとして選ぶでしょうか。

「あ、この人英語話せないな」と顔色が変わる瞬間

これは一見、すごくハードルの高いことを言っているように聞こえるかもしれませんが、世界のビジネスシーンにおける厳然たる事実です。通じればいいと思ってめちゃくちゃな文法、発音で話す日本人と向き合ったネイティブが、「あ、この人英語話せないな」と顔色が変わる瞬間を、私はこれまで何度も見てきました。ゆっくり話されている時点で、もはや対等ではないのです。

逆に、ネイティブな発音で話す日本人に対して、彼らの表情が変わる瞬間も何度も見てきました。ネイティブな発音で話す人はたいてい落ち着いて、堂々と話をします。相手の外国人にしてみれば、「この人となら、細かな契約の話ができる」「信頼できそう」と思え、対等に、本気で話そうとしてくれるでしょう。
口では通じればいいんだと言っている人の多くは、実際のところ、いつも通じるかどうかドキドキしている状態なので、単語が出てこないとすぐに謝ったり、結局は自分の言いたいことも言えずに相手に合わせているのが実情です。

  • この記事を共有する:
  • facebook
  • Twitter
  • LINE

最新記事

  • Profile

    小西 麻亜耶について

  • Popular

    人気記事

小西麻亜耶
小西 麻亜耶
KONISHI MAAYA
18歳のときに米ハーバード大学で言語学に出会う。2007年に慶応義塾大学を卒業後、米コロラド大学で言語学の修士過程を首席にて卒業。2009年に三菱UFJモルガン・スタンレー証券に入社。2011年に日英同時通訳・翻訳家として独立。2012年に元アップル・ジャパン社長山元氏にその英語力を認められ(株)コミュニカに入社。独自に開発した英語発音矯正プログラムで、全国から集う生徒は2,000名以上。「英語を諦めない」「話せない人には聞こえない」「聞き返されない英語」をモットーに英語教育に力を注いでいる。
Mail Magazine
SNS Follow
  • Facebook
  • Instagram
小西麻亜耶
小西 麻亜耶
KONISHI MAAYA
18歳のときに米ハーバード大学で言語学に出会う。2007年に慶応義塾大学を卒業後、米コロラド大学で言語学の修士過程を首席にて卒業。2009年に三菱UFJモルガン・スタンレー証券に入社。2011年に日英同時通訳・翻訳家として独立。2012年に元アップル・ジャパン社長山元氏にその英語力を認められ(株)コミュニカに入社。独自に開発した英語発音矯正プログラムで、全国から集う生徒は2,000名以上。「英語を諦めない」「話せない人には聞こえない」「聞き返されない英語」をモットーに英語教育に力を注いでいる。
Mail Magazine
SNS Follow
  • Facebook
  • Instagram
Archive