Soul of Language
小西麻亜耶の英語学習ブログ
-グローバルに活躍する一流のビジネスパーソンへ-

リモートワーク時代、ファッションもビジネスツールに

  • ビジネスファッション
  • 2020.05.21

リモートワーク時代、ファッションもビジネスツールに

出典:

こんにちは、「コミュニカ」英語塾を主宰する小西麻亜耶です。

新型コロナウイルスが猛威をふるい出した2月頃、まだリモートワークはそれほど浸透しておらず、ZoomやGoogle Hangoutの会議というと一部の業界人が話題にしているくらいでした。ですが、今や多くの人々がその利便性を享受し、今後、日本の働き方改革を推進するには欠かせない存在です。政府があれほど働き方改革を進めようとしてもたいした効果は得られなかったのに、すごいことですよね。コミュニカでも今後、レッスンやセミナーなど、リモートでも遂行できるものについてはシフトしていこうとしています。

上半身をなんとかしなくちゃ!

ところで、リモート会議が一般的になるにつれ、以前よりもさらに「ビジュアル(印象)って大事」という意識が高まっていること、気づいていました? 実際に会って話をするのであれば、多少話し下手でも、ファッションセンスに自信がなくても、雰囲気と熱意で自分を表現できました。しかし、PCやスマホの画面に映る姿が印象のすべてで、話す内容も端的でなければ場の迷惑になってしまうのがリモート会議。リモートワークで働く女性たちの間では今、「(画面に映る)上半身をなんとかしなくちゃ」というのが大問題です。私の専門は英語教育ですが、もう一つの柱である「ビジネスファッションアドバイス」でも、最近よくこういった件のご相談をいただくようになりました。

リモート会議は、自身のプレゼン力を見直す絶好の場

ファッションは、主に女性に関心をもたれることが多い分野ですが、私はビジネスシーンで活躍する男性にこそ、ぜひ注目していただけたらと考えています。思い切って言いますが、英語力を上げるよりもファッションアドバイスを受けて“プチ改革”を行う方が、断然、短期間で大きな効果が望めます。根気強くコツコツ勉強を続けることで、いつしか大きな飛躍を遂げたと気づくのが英語力アップなら、「不要な部分を排除して必要なものを導入する」だけで自分の気持ちも周りの対応も変えてくれるのがファッション。自分という素材を効果的に相手にプレゼンするための道具なのです。なので、上半身だけで勝負できるリモート会議は、ファッションに興味がない方も容易に挑戦できる素晴らしい実験の場だと思います。

かく言う私も、数年前までは「ファッションなんて軟派な趣味」としか思っていませんでした。というのも、自分の理想の姿はあまりにも現実とかけ離れていて(モデルのような華奢な女性が理想でした)、たまに思い切って服を買っては「全然似合わない」と落ち込むことを繰り返すうち、いつしかあきらめムードになっていたのです。

しかし、コミュニカの仕事で人前に出ることが多くなり、だんだん「このままではいけない」と焦りを覚え、ようやくプロの力を借りることを決断。イメージコンサルタントに学び、非常に興味を覚えたのでその後はスクールにも通いました。詳細はこちらをご覧ください。

私が教わったのは、ファッションの基本。しかし、それよりもさらに面白いと思ったのは、「自分のことを客観的に見ていない」という気づきでした。どんなにファッションの知識が増えても、「自分とはどういう骨格&肌色を持ち、その結果どういう服が似合うのか」を知らなければ、なんの役にも立たないということがようやく分かったのです。

左は、自分に似合うスタイルを模索していた頃の写真。一見、そんなに問題ないようにも見えるのですが、明るい髪色は私の肌色をかえって不健康に見せ、白いスーツは「仕事ができそう」というよりも「なんだか怖そう」と思わせる効果が。もちろん、そんなところは狙っていません(笑)。右は、今日の私。自分の肌を引き立てるのはイエローを帯びた秋っぽい色だと知り、メイクや髪、服の色に生かすようになりました。また、骨格がしっかりしている私は、多少ゆるいシルエットの服を選ぶ方が人の目には生き生きと映ることがわかりました。

どんな学習をする上でも、「結果を実感する」というのは上達のためにも非常に重要です。英語学習でちょっと行き詰まりを感じたら、自身のプレゼンスを上げるという学習にも着手してみませんか。一気にリモート会議が、楽しく生き生きする場に変わります。

  • この記事を共有する:
  • facebook
  • Twitter
  • LINE

最新記事

  • Profile

    小西 麻亜耶について

  • Popular

    人気記事

小西麻亜耶
小西 麻亜耶
KONISHI MAAYA
18歳のときに米ハーバード大学で言語学に出会う。2007年に慶応義塾大学を卒業後、米コロラド大学で言語学の修士過程を首席にて卒業。2009年に三菱UFJモルガン・スタンレー証券に入社。2011年に日英同時通訳・翻訳家として独立。2012年に元アップル・ジャパン社長山元氏にその英語力を認められ(株)コミュニカに入社。独自に開発した英語発音矯正プログラムで、全国から集う生徒は2,000名以上。「英語を諦めない」「話せない人には聞こえない」「聞き返されない英語」をモットーに英語教育に力を注いでいる。
Mail Magazine
SNS Follow
  • Facebook
  • Instagram
小西麻亜耶
小西 麻亜耶
KONISHI MAAYA
18歳のときに米ハーバード大学で言語学に出会う。2007年に慶応義塾大学を卒業後、米コロラド大学で言語学の修士過程を首席にて卒業。2009年に三菱UFJモルガン・スタンレー証券に入社。2011年に日英同時通訳・翻訳家として独立。2012年に元アップル・ジャパン社長山元氏にその英語力を認められ(株)コミュニカに入社。独自に開発した英語発音矯正プログラムで、全国から集う生徒は2,000名以上。「英語を諦めない」「話せない人には聞こえない」「聞き返されない英語」をモットーに英語教育に力を注いでいる。
Mail Magazine
SNS Follow
  • Facebook
  • Instagram
Archive