Soul of Language
小西麻亜耶の英語学習ブログ
-グローバルに活躍する一流のビジネスパーソンへ-

2020年、どんな一年にしますか?

  • グローバルマインド
  • 2020.01.02

2020年、どんな一年にしますか?

出典:

「言い訳なし!」で夢に向かう年にしませんか

こんにちは、「コミュニカ」英語塾を主宰する小西麻亜耶です。

あけましておめでとうございます。2020年がスタート! 私はといえば、1月4日からラスベガスに出張することになっており、忙しい年明けです。コミュニカでは、英語を教える以外にも様々な仕事に携わっているんです。今回はCES(Consumer Electronics Show)という世界最大の電子機器見本市でのバイリンガル司会がミッション。世界中の電子機器の最新情報を目の当たりにできる機会とあって、今からワクワクしています。

広がる、仕事の幅

2019年は前から興味があったイメージコンサルタントの資格を取ったこともあり、ビジネスシーンでのイメージ作りに悩む方々へのコンサルティング業務も始めました。また、年末からは「英語案件に悩むクライアントに、コミュニカ英語塾の人脈から最適な英語人材をご紹介して仕事をつなぐ」というマッチングサービスもスタート。塾生で昨年起業したMeganが、クライアントから依頼された緊急の英語案件で悩んでいらしたので、同じく塾生でこの業務のサポートに最適だと考えたAllisonをご紹介しました。このマッチングサービスについては、近々Meganが結果をレポートしてくれるそうなので、楽しみにお待ちください。

全力疾走。習い事の“効果”を高める秘訣

2019年たくさんの学びを求めて、様々な方から教えを乞いました。

私は、何か新しく始めるとき「疑いなしに全力で学ぶ」というのをルールにしています。対価を払って学んでいる以上、最大限の努力をすることでマックスの効果が得られるのは必然ですから。ですが、中には「家のことから手が離せなくて」「仕事が忙しくて」と、勉強に没頭するのが難しい方もいる様子。もちろん、それは仕方のないことです。みなさんお忙しい毎日を送っていると思います。ですが、敢えて令和2年を迎えた今、私は言いたいのです。「言い訳なし、省エネなしでゴールを目指してみてください」と。見えてくる景色は、今までとは必ず違うものになります。

英語学習は、数ある習い事の中でも最も先の見えづらいハードなものかと思います。しかし、そんな中でも全力疾走すればそれだけ、目には見えなくても到達点は近まります。2021年の年初めに、もっと高い目標を掲げられるように、今年も私と一緒に走り抜きましょう。

  • この記事を共有する:
  • facebook
  • Twitter
  • LINE

最新記事

  • Profile

    小西 麻亜耶について

  • Popular

    人気記事

小西麻亜耶
小西 麻亜耶
KONISHI MAAYA
18歳のときに米ハーバード大学で言語学に出会う。2007年に慶応義塾大学を卒業後、米コロラド大学で言語学の修士過程を首席にて卒業。2009年に三菱UFJモルガン・スタンレー証券に入社。2011年に日英同時通訳・翻訳家として独立。2012年に元アップル・ジャパン社長山元氏にその英語力を認められ(株)コミュニカに入社。独自に開発した英語発音矯正プログラムで、全国から集う生徒は2,000名以上。「英語を諦めない」「話せない人には聞こえない」「聞き返されない英語」をモットーに英語教育に力を注いでいる。
Mail Magazine
SNS Follow
  • Facebook
  • Instagram
小西麻亜耶
小西 麻亜耶
KONISHI MAAYA
18歳のときに米ハーバード大学で言語学に出会う。2007年に慶応義塾大学を卒業後、米コロラド大学で言語学の修士過程を首席にて卒業。2009年に三菱UFJモルガン・スタンレー証券に入社。2011年に日英同時通訳・翻訳家として独立。2012年に元アップル・ジャパン社長山元氏にその英語力を認められ(株)コミュニカに入社。独自に開発した英語発音矯正プログラムで、全国から集う生徒は2,000名以上。「英語を諦めない」「話せない人には聞こえない」「聞き返されない英語」をモットーに英語教育に力を注いでいる。
Mail Magazine
SNS Follow
  • Facebook
  • Instagram
Archive