pagetop
training

COMMUNICA

企業研修

0

2018年06月04日

長谷虎紡績

超若手研修(18歳−22歳)

今年の新入社員研修の一貫で。

とにかくいい子、そして真面目という印象を受けました。これが日本の製造業を支えてきた力なのだろう。私も心の底から日本を理解した日になりました。思いやり・謙虚・真面目という言葉が飛び交いました。最近東京では忘れかけた言葉のオンパレードでした。

結婚したい。寿退社したい。孫が欲しい。車が欲しい。家が欲しい。みんなから出てきた夢である。塾生10人のうち9人が実家からの通勤組。残りの1人も隣の三重県からの独り立ち。ゆったりとした生活をベースにゆったりと時間が流れている感じがした。ここに日本のベースがあるんですね。

やはりこれだけの恵まれたゆったりとした時間感覚からは創造的な発想が少ないのだろうとも感じました。今の世界や会社には今後も何の変化もなく、自分の年齢と家族構成の変化だけが訪れる前提で生きている空間に感じました。来年も皆さんにお会いできることを楽しみにしています。ありがとうございました。長谷虎紡績さま。私にとっても貴重な日になりました。