pagetop
ic_about

COMMUNICA

Course コース紹介

山元塾ICとは~ 成功への道のり「若者の覚悟108」 ~

夢をもつことができているか。自分が何になりたいのか考えているか。自分の人生の成功って何だろう。これまでは偏差値競争のレールの上をただ走ってきた。自分の本当の未来を考える余裕もなく。なりたい自分が明確になれば、あとはいかにしてその夢を実現させるかである。自分の知識・知恵の向上、さらには社会での対人関係について学ぶことが必要になってくる。それが「若者の覚悟108」です。 一つ一つの覚悟が、リーダーとして重要であり、私自身がビジネスの現場で常に実践してきた覚悟でもあります。 ITの浸透により、ビジネスのあり方、そして人々のライフスタイルが変革の時代を迎えた現在、一方でいつまでも「変わらない価値」があります。それは、人への思いやり、そして人とのコミュニケーションに基づいた信頼の絆ではないでしょうか。お互いの心が通じ合うそれがビジネスの成功へと繋がり、ひいては企業の飛躍へと繋がっていく…。この不変の価値観に基づくビジネス・スキルの伝授こそ「若者の覚悟108」そのものです。外資系企業を中心に長年にわたって築いた「知恵と経験」を自ら伝承し、世界で通用する人材を育成し、企業のさらなる成長へと導くことを目指しています。

若いリーダーに求められる覚悟

リーダーに必要な「若者の覚悟108」は3つの要素から成り立ちます。自分のキャリアを設計し、そのためのスキル向上、対人関係の向上を成し遂げる。そのための心構え・考え方・コミュニケーションに関する覚悟です。塾生は、この若者の覚悟の習得を通して「なりたい自分」について考え発表してもらい、その目標達成のための行動宣言をしてもらいます。
  • Career Design
  • Self Development
  • Social Interaction
  • My Commitment

Career Design

キャリアデザインのための覚悟

「なりたい自分」とは。そこに到達することが自分の人生にとっての成功か
もしれない。すべての人にとってその形は違ってくるはず。だからこそ自分
で考えること以外にその答えに近づく方法はない。誰もその答えを教えて
くれないし、学校の勉強のように正解か不正解かという問題でもない。
自分の人生であり、両親が決めてくれるものでもない。
キャリアデザインのための覚悟一例
  • 将来の自分の姿を考える
    生きていると毎日いろいろなことがある。今日・明日のことだけではなく、自分の将来のことも考えてみる。10年後・20年後・30年後のことを考えてみる。どうなっていたいか。どうなっている自分の姿が浮かんでくるか。
  • 追い抜かれる緊張感
    入社2年目。自分よりも給与の高い後輩も入社してくる。後輩に追いつき・追い抜かれる対象になる。上からも下からも評価される。下を育てる責任も必要になる。身につけたスキルを後輩にシェアする必要も。
  • 下から選ばれる人間に
    30歳代前半。下から選ばれる人間になれているか。この年代で将来どの程度まで昇進するかの空気感が明確になる。干支が一回り違う社員も登場する。部下をモチベートする方法も変わってくる必要がある。

Self Development

自己研鑽のための覚悟

生きていく上で必要なスキルや知識とは何だろうか。なりたい自分があるから
こそ、努力してスキルや資格を身につけていく。なりたい自分を目指しても
人間の能力はリニアに成長することはない。苦しい努力を重ね、やがて
気づいたときに自分は少し高見に上がっているものである。目標に向かって
必要な能力に磨きをかけながら突き進む。途中多くの失敗もあるが、
いろいろな経験から学び自分なりのスタイルを確立していく。
自己研鑽のための覚悟一例
  • 他人との比較を取り払う
    自信が持てない。何に対して自信が持てないのだろうか。目標達成の期日だろうか。目標達成の評価基準だろうか。実は明確な目標設置をすることに対してかも。他の人はみんな自分より先を走っているように見えるだけ。
  • 選ばれるための空気感
    選ばれるための空気感をまとうことが大切。どんどん私に声をかけて下さい。大きな仕事をアサインして下さい。経験はないが是非とも挑戦させて下さい。私こそその仕事に最適です。というオーラを発信しているか。という気持ちで仕事をしているか。
  • 逃避からは何も生まれない
    逃げない。すぐに逃げない。挑戦する前から逃げない。苦手なこと。苦手と決めつけていること。過去に失敗していること。やったことがないこと。過去に叱られた経験のあること。簡単に諦めない。逃避からは何も生まれない。

Social Interaction

対人関係のための覚悟

人間一人では生きていけない。どのような社会で生きていくことに
なろうとも良好な関係作りの能力が必要である。あなたに必要なコ
ミュニケーションの力とはどのようなものか。大きな仕事を進める
ためには強固な組織作りが必要である。人を育て、経験者を上手く
活躍させる。そのためにも卓越したコミュニケーション力が要求さ
れる。
対人関係のための覚悟一例
  • 成長できる職場
    本当に働きたい職場とは。部下と上司では実は認識がずれている。一般職の社員は常に自分が成長できる職場を望んでいる。創造性・英知をくすぐられる職場を最優先に考えている。教育を受ける機会が準備されていることも。
  • 契約の瞬間は担当者名
    相手にドアを開けてもらうのは自分の会社名。相手にアポを頂けるのも会社名。提案書を提出するのも会社名。最初は会社名から始まる関係だが、不思議と契約の瞬間は個人名でXXさんにお願いすると握手してもらえるもの。
  • お客様は神様ではない
    お客様目線で仕事を考える。常にお客様を満足させる。お客様が自社を選んでくれる。しかし全てのお客様が神様という訳でもない。自分でもお客様を選んでいる。自分のビジネスの価値を理解してもらえることが大切。

My Commitment

「なりたい自分」に向かって突き進むことをコミットする

今の自分はどの程度の実力でしょうか。いろいろな課題もあるかもしれません。将来はどうなりたいですか。そんな事を真剣に考えた事はありますか。その夢はいつ頃までに実現したいですか。成功したかどうかを測定する定量的な 値を設定してみませんか。「なりたい自分」が明確になれば何を勉強し・努力しなければならないかも決まってきます。何をやめるべきかも決まってきます。この世の中で一番不足しているのは時間だけです。目標達成のための行動宣言をして頂きます。 My Commitment

変化の時代に求められる
リーダーとは

  • Creative

    Leader

    未来を切り開き、業績を向上させ、そこで一緒に働く仲間、部下が本当のやりがいを感じられるような環境を創造できるリーダー
  • Compassionate

    Leader

    自分の成功だけではなく、企業や
    部下の成功をも同時に
    慮(おもんぱか)れるリーダー
  • Inspiring

    Leader

    すべての社員がどんな局面でも自分で「THINK」できる組織を構築することができるリーダー

使用教材

  • 覚悟108〜初中級編〜
    覚悟108〜初中級編〜
    若者(将来のリーダー候補生)に向けて3つの要素にまとめられている。
    Career Design(なりたい自分・就職)
    Self Development(知恵・知識・経験)
    Social Relation(社会・環境)
    購入はこちら