Soul of Language
小西麻亜耶の英語学習ブログ
-グローバルに活躍する一流のビジネスパーソンへ-

なりたい自分に近づくための英語力

  • グローバルマインド
  • 2020.03.06

なりたい自分に近づくための英語力

出典:

こんにちは、「コミュニカ」英語塾を主宰する小西麻亜耶です。

相変わらずコロナ新型肺炎の猛威が続いています。リモートワークももう慣れたという方も多いのではないでしょうか。1ヶ月前まで、テレワークやリモートワークは、自由なワークスタイルを送る一部の人々のものでしたが、幸か不幸か一気に働き方改革が進んだ感があります。「オフィスに行かなくても仕事って出来るんだ」と薄々感じている方もいますよね、きっと。そうなんです、日本のビジネスパーソンが海外のそれと比べて圧倒的に違うのは、会社に対して従順であること。よほどの緊急事態(まさに今です)に陥って初めて、それまでと違うスタイルを試みたりするのですが、案外うまくいくものです。そんな話を別の視点でしてくれたのが、2年ほどコミュニカ英語塾に通っていた方でした。

コミュニカ名物「MyCommitment発表」

働き方をガラリと変えるきっかけに

彼女、Meganは、雑誌の編集者を長年務める“サラリーウーマン”でした。インターナショナルマガジンの編集部に異動してから、部員が自由に英語を使う様子を見て焦りを覚えたのがコミュニカに通うきっかけだったそう。Meganが先日、しみじみ話してくれたのがコミュニカ名物「MyCommitment発表(マイコミットメント)」のことでした。コミュニカでは半期のクラスの最後に今後の目標を定めて皆の前で発表する場を設けているのですが、Meganにとってはそれが自分の働き方をガラリと変えるきっかけになったというのです。

自分と向き合うことで目標はどんどん具体的になっていく

理想の人生を手に入れる

Meganは言います。「Maaya先生、先日PCのデータを整理していたら、初期のクラスで発表したMyCommitmentが出てきました。読んで思わず苦笑。なんて抽象的で幼稚なんだろうと思って」。曰く、「海外クライアントとの会食で楽しく英語で会話、TOEIC800点を取る、英語案件の企画に携わる」など。先に結果を言うと、Meganはその後会社を辞めて起業し、現在はフリーで編集や企業のプロジェクトに関わる仕事をしています。辞めて間もないので業績は未定ながら、毎日がとても楽しそう。何より、受注する仕事はすべて自分が選んだもの、という自負と責任があるので、文句が出るわけもないとのことです。

 

MyCommitmentを設定する意義とは

「仕事も上司も好きでしたが、キャリアを積むにつれ(Meganは40代後半)、苦手な業務が増えていくなぁと感じていました。自分の性格を考えると、決してゼネラリストではない。人を育てたり昇進を目指したりするよりは、いっそ個人で勝負する方が長く仕事を楽しめるのではないか。そのうち、コミュニカでMyCommitmentを考えるたびに、自分の目標に中身がないなと思うようになったんです。通う前、TOEICの点数は580点でしたが、では800点取ればどうなるのか。取れれば何が得られるのか。明確なビジョンがないままにぼんやりと目標を設定していました。結局、英語力は仕事を円滑に行うためのツールです。ツール磨きのみに専念するのではなく、私には英語を通じて考えるべき先があるんだと、MyCommitmentを設定するうちに気づいたんです」

複業やリモートワークが解禁され始めたのは最近ですが、Meganは今を待つことなく昨年春前に辞めると決意。ちなみにTOEICは750点を取られたんですよ、それでも(笑)。ご自身の新しいお仕事では、それだけあればなんとか勝負できると判断されたようでした。

Meganはほんの一例です。起業だけが成功ではないし、TOEICや英検の結果で勝ち負けは測れません。私自身は、やはりこれからのビジネスパーソンにはTOEIC900点以上をとってほしいと思っています。しかし、「自分にとって本当に意味あるMyCommitmentとは何か」を考えるのは、すべてのビジネスパーソンにとって大切なことではないでしょうか。

会社のメンバーとして働いている間は、評価者は上司です。しかし、異動したり転職したりすれば評価者は変わるし、今後複業が珍しくない世の中になれば、評価者も複数いるという状況になります。つまり、あなたのビジネスパーソンとしての成績は、今がすべてではないのです。今回の新型肺炎騒ぎは深刻な事態をもたらしましたが、オフィスを離れて仕事をすることになった皆さんは、一度ご自身を俯瞰し、自分がビジネスでどんなゲームをどんな役割で戦っているのか、お考えになってみてはいかがでしょう。

  • この記事を共有する:
  • facebook
  • Twitter
  • LINE

最新記事

  • Profile

    小西 麻亜耶について

  • Popular

    人気記事

小西麻亜耶
小西 麻亜耶
KONISHI MAAYA
18歳のときに米ハーバード大学で言語学に出会う。2007年に慶応義塾大学を卒業後、米コロラド大学で言語学の修士過程を首席にて卒業。2009年に三菱UFJモルガン・スタンレー証券に入社。2011年に日英同時通訳・翻訳家として独立。2012年に元アップル・ジャパン社長山元氏にその英語力を認められ(株)コミュニカに入社。独自に開発した英語発音矯正プログラムで、全国から集う生徒は2,000名以上。「英語を諦めない」「話せない人には聞こえない」「聞き返されない英語」をモットーに英語教育に力を注いでいる。
Mail Magazine
SNS Follow
  • Facebook
  • Instagram
小西麻亜耶
小西 麻亜耶
KONISHI MAAYA
18歳のときに米ハーバード大学で言語学に出会う。2007年に慶応義塾大学を卒業後、米コロラド大学で言語学の修士過程を首席にて卒業。2009年に三菱UFJモルガン・スタンレー証券に入社。2011年に日英同時通訳・翻訳家として独立。2012年に元アップル・ジャパン社長山元氏にその英語力を認められ(株)コミュニカに入社。独自に開発した英語発音矯正プログラムで、全国から集う生徒は2,000名以上。「英語を諦めない」「話せない人には聞こえない」「聞き返されない英語」をモットーに英語教育に力を注いでいる。
Mail Magazine
SNS Follow
  • Facebook
  • Instagram
Archive