Soul of Language
小西麻亜耶の英語学習ブログ
-グローバルに活躍する一流のビジネスパーソンへ-

一歩踏み出すための考え方

  • グローバルマインド
  • 2020.05.12

一歩踏み出すための考え方

出典:

こんにちは、「コミュニカ」英語塾を主宰する小西麻亜耶です。

最近、「チャレンジ小西」という、(おそらく)褒め言葉であろうニックネームをいただきました。確かに、私という人間はチャレンジなしでは生きていけない性格なのだなぁと自分でも思います。この2ヶ月ほどの自粛期間中も、バイリンガルMCとしてご活躍の野口美穂さんとインスタライブにトライしたり、オンラインセミナーをスタートしたり(今やコミュニカのスタンダードメニューになりました)、我ながら「なんとまぁ落ち着きのない」と呆れつつも、それなりに成果を出している自分をほめてやりたい気持ちです。

チャレンジすることに不安はないんですか?!

最近は、周りの人から「Maaya先生はチャレンジすることに対して不安はないんですか?!」という質問をよくされます。

不安……。ないわけがありません! しかし、確かにそのように思われても不思議はないくらい、次々にいろんなことに着手してしまう私。良い機会だと思って「なぜ、チャレンジし続けられるか」の理由を考えてみました。

1.成功するまで続ければ、失敗は確定しない

まるで株の投資家のようなセリフですが、単純明快なことです。何かに手を出す前に「失敗したらどうしよう、ダメだったらどうしよう」と思う気持ちはもちろん理解できますが、そんな時は

「今このままやらないでいるリスク」

についても同時に考えてみてください。オンラインレッスンに着手しないとどうなるか、英語が苦手なままでいたらどうなるか、そんな「変化しないリスク」は、手を出すリスクよりも実はずっと大きいはず。着手する、そして成功するまで続ける。失敗を確定させてしまうのは、誰でもない、自分なのです。

2. 小さいチャレンジを積み重ねていく

英語の発音矯正に本格的に取り組むことも偉大なチャレンジですが、私が考える「チャレンジ」にはもっと小さな挑戦もたくさん含まれています。例えば、今日はいつもの散歩道ではない道を歩いてみようとか、読んだことのないジャンルの本を買ってみようとか。しかも、1日に1回、そういうミニチャレンジを繰り返すことで、挑戦することへのハードルはどんどん下がっていき、抵抗がなくなります。

3.止めようとする親切な人とは、敢えてちょっとだけ距離を置く

大学院進学を決めた時も、コミュニカに入社した時も、ゴルフを始めた時も、ファッションのスクールに通い始めた時も「そこまでのめり込まない方がいいよ」「ほどほどでいいんじゃない?」「わざわざそんなことに挑戦しなくても、今のままのMaayaでいいのに」と言ってくれる友人や家族がいました。

彼らは私にとっては大切な存在で、皆、親切心と思いやりから言ってくれているというのもよくわかっています。ですが、反対意見に関しては敢えて耳を貸さず、そう言う人とは少し距離を置くか、もしくはその話題にならないようにしばらくの間は気をつけます。

なぜなら、自分で実際に試してみないと、それが自分にとって有益か不益かはわからないから。例え他人には役立たないことであっても、私にはとても意味を持つ可能性もあります。なので、「この人は私のチャレンジに対してちょっとネガティブなんだな」と感じたら、極力その話題には触れないようにし続け、自分がその挑戦によってある程度の結果を得てから「あの時反対されたけど、その後も頑張り続けた結果こうなりました」と報告するようにしています。結果を出せば、もう誰もネガティブなことは言いません、断言します(笑)。

未曾有の事態によって、家に閉じ込められてしまったこの状況。歯痒く、「今の自分は何も進化していない」と落ち込むこともあるかと思います。ですが、今こんな時だって、身の回りにはチャレンジできることやチャンスは満載です。自分なりの出口戦略を探るためにも、何かに挑戦してみませんか。

  • この記事を共有する:
  • facebook
  • Twitter
  • LINE

最新記事

  • Profile

    小西 麻亜耶について

  • Popular

    人気記事

小西麻亜耶
小西 麻亜耶
KONISHI MAAYA
18歳のときに米ハーバード大学で言語学に出会う。2007年に慶応義塾大学を卒業後、米コロラド大学で言語学の修士過程を首席にて卒業。2009年に三菱UFJモルガン・スタンレー証券に入社。2011年に日英同時通訳・翻訳家として独立。2012年に元アップル・ジャパン社長山元氏にその英語力を認められ(株)コミュニカに入社。独自に開発した英語発音矯正プログラムで、全国から集う生徒は2,000名以上。「英語を諦めない」「話せない人には聞こえない」「聞き返されない英語」をモットーに英語教育に力を注いでいる。
Mail Magazine
SNS Follow
  • Facebook
  • Instagram
小西麻亜耶
小西 麻亜耶
KONISHI MAAYA
18歳のときに米ハーバード大学で言語学に出会う。2007年に慶応義塾大学を卒業後、米コロラド大学で言語学の修士過程を首席にて卒業。2009年に三菱UFJモルガン・スタンレー証券に入社。2011年に日英同時通訳・翻訳家として独立。2012年に元アップル・ジャパン社長山元氏にその英語力を認められ(株)コミュニカに入社。独自に開発した英語発音矯正プログラムで、全国から集う生徒は2,000名以上。「英語を諦めない」「話せない人には聞こえない」「聞き返されない英語」をモットーに英語教育に力を注いでいる。
Mail Magazine
SNS Follow
  • Facebook
  • Instagram
Archive