pagetop
cl

COMMUNICA

利用規約は株式会社コミュニカ(以下「甲」)が提供する「山元塾」のサービスの利用に関して甲と受講者の関係を取り決めるものとする
【第1条】提供するサービス
山元塾では受講者に対してリーダー教育の指導をする
【第2条】受講者
甲の規定した申込み手順に基づき本利用規約を承諾の上、申込みを行った者を塾生とする。受講者は本規約を順守するものとする。
【第3条】受講契約の不承認と取消
以下の行為が認められた場合、受講契約を承認しない、または取り消すことがある。
・受講者が本利用規約に違反した場合
・受講申込後、受講料の支払いがない、または一定期間支払いが滞った場合
・その他甲が受講契約を結ぶことを不適当と判断した場合
・法的に正常な意思能力、支払能力がないと判断した場合
・その他、本規約の主旨に照らして甲が利用者として不適当と判断する場合
・契約後に、契約した受講者が上記いずれかの項目に該当していることが判明した場合
【第4条】規約の変更
甲はサービス改善のため、またその他の事由により、本規約の一部を変更することがある。変更に際しては、変更内容を口頭及びレターによって受講者に対して伝えるものとする
【第5条】受講料と支払
受講者は銀行振込またはPayPalよりクレジットカード決済にて受講料を支払うものとする。特段の事由なく、甲は受講者から支払われた受講料の返却を一切行わないものとする。
【第6条】個人情報
1.甲は受講者の申込みを通して知り得た全ての個人情報を、甲の定める個人情報保護方針に従って厳正に扱うものとする。また、これらの個人情報はサービス提供の目的のみに使用するものとし、第三者に開示しないものとする
2.甲は受講料決済に必要な業務について米国PayPal, Inc.に一部委託し、甲が知り得ないクレジット決済に係る情報等は甲の個人情報管理の対象外とする。
3.甲は受講者の申込みを通して知り得た個人情報を、受講契約終結後3年の保管後、速やかに抹消削除するものとする。なお、甲が決済業務の一部を委託する米国PayPal, Inc.において収集された受講者の個人情報の管理については、それぞれが定める個人情報保護方針に基づき管理されるものとする。
【第7条】免責と損害賠償
甲は山元塾の内容及びサービス提供、提供の一時中断、変更や終了等によって、直接または間接的に生じた受講者の損害について損害の責任を一切負わないものとする。受講者が本規約に違反した場合、または不正、違法行為によって甲に損害を与えた場合、甲は当該受講者に対して実質の損害賠償の請求ができるものとする。