pagetop
about

COMMUNICA

KENJI YAMAMOTO 山元 賢治

Profile
常に厳しいグローバル環境で戦ってきた実績

1983年 日本IBM株式会社
1995年 日本オラクル株式会社
1999年 イーエムシー ジャパン株式会社 (2001年 副社長)
2002年 日本オラクル株式会社 取締役専務執行役員
2004年 アップルコンピュータ株式会社 社長兼米国アップルバイスプレジデント
2012年 株式会社コミュニカ CEO & Founder
神戸大学卒業後、日本IBMに入社。日本オラクル、ケイデンスを経て、EMCジャパン副社長。2002年、日本オラクルへ復帰。専務として営業・マーケティング・開発にわたる総勢1600人の責任者となる。2004年にスティーブ・ジョブスに指名され、アップル・ジャパンの代表取締役社長に就任し、iPodビジネスの立ち上げからiPhoneを市場に送り出すまで、国内の最高責任者としてアップルの復活に大きく貢献。現在は株式会社コミュニカのCEO兼Founderとして自らの経験をもとに、「これからの世界」で活躍できるリーダーの育成、英語教育に力を注いでいる。
communica代表 山元 賢治 経歴 communica代表 山元 賢治 経歴 communica代表 山元 賢治 経歴 communica代表 山元 賢治 経歴
communica代表 山元 賢治

Message
成功者の条件 ~ それが「覚悟108」~

人の上に立って仕事がしたい。他人より大きな仕事がしたい。偉くなりたい。成功したい。お金持ちになりたい。 と思うならば、せめて他人よりも厳しい道を選択し、自分に厳しく覚悟して生きてもらいたい。それが「覚悟108」です。 一つ一つの覚悟が、リーダーとして重要であり、私自身がビジネスの現場で常に実践してきた覚悟でもあります。 ITの浸透により、ビジネスのあり方、そして人々のライフスタイルが変革の時代を迎えた現在、一方でいつまでも「変わらない価値」があります。それは、人への思いやり、そして人とのコミュニケーションに基づいた信頼の絆ではないでしょうか。お互いの心が通じ合う―それがビジネスの成功へと繋がり、ひいては企業の飛躍へと繋がっていく…。この不変の価値観に基づくビジネス・スキルの伝授こそ「覚悟108」そのものです。 外資系企業を中心に長年にわたって築いた「知恵と経験」を自ら伝承し、世界で通用する人材を育成し、企業のさらなる成長へと導くことを目指しています。

BOOK 著書のご紹介

more