pagetop
post

COMMUNICA

ブログ 2016年05月30日
大きな決断

2004年にアップルジャパンの社長に就任してからは国内で最大で最強の競合企業はSONYさんだった。ノイズキャンセラーやカラーバリエーションなど私を多いに苦しめてくれた最強の敵であった。

Appleを愛している人間はデザインにこだわりのある人間が多く、実はSONYの事も好きだったりする。私がその典型で人生で何台のウォークマンやVAIOを購入したか数え切れない程である。ただこの12年間はなんとなく距離を置いていた。

今年12年ぶりにSONY製品を購入した。カッコいいし、機能もいい。競合するApple製品もない。α7sミラーレスカメラを購入した事で不思議にも流れが変わったのかも。SONYさんから幹部候補生対象の講演依頼を頂戴した。

SONY社内には反対する人も多いはずなのに、劇薬ともいえる私に依頼してくれた。ためらう部分も多いが、光栄に感じる。今年アメリカ独立記念の日に私も自分の歴史の1ページを書き換える事にする。7/4大好きな日本企業の復活に少しでも貢献できる事を祈って。

盛田さんが、SONYのためだけでなく日本の品質を上げるために奮闘努力して下った事に感謝している一人の人間として。