pagetop
post

COMMUNICA

ブログ 2016年11月10日
「私の勝手な夢想」Kenji’s Eye(13)

大統領に就任されるトランプ氏の事を論じるほど、私は彼に対して全く知識も真の情報も持ち合わせていない。マスメディアが流している一方的な批判報道も信じる気持ちはない。いろいろなアメリカ人と仕事してきたが真の実力は一緒に仕事してみないと分からない事が多かった。

私は今回の選挙戦で最初にトランプ氏の映像を目にした時から当選の予測をした数少ない日本人になったのかもしれない。ゴルフ場などでも先輩方からあり得ないとほとんどの方々に一笑に付された話題だった(笑)

これは私個人の勝手な予測だが、日本の未来にいずれ大きな転換期や変革期が来るだろう。経営者の視点からすれば大きなリストラもなく平々凡々と前に進めないように見える。しかし既得権に守られた方々からは迷惑な予測なのだろうが。重くのしかかり増え続ける税金、ご老人の人口比・少子化問題・女性の社会進出・教育問題・エネルギー問題、などなど。

このまま世襲的・終身雇用制度のような政治家の皆さんに任せておいて大丈夫な気がしない。ビジネスの厳しさを知っている尊敬できる人物の登場を待ち望んでいるのは私だけではないのだろう。アメリカでの大きな変革はやがて海を越えて日本にも大きな影響を及ぼすだろう。

外圧での変革の前に、日本のビジネスリーダーならばどんなアクションプランを実施するのか拝見してみたい。私もすっかりシニアになり、最後の夢を見るようになったようだ。誰も反応して欲しくない私個人の夢想だが、柳井さんや孫さんが日本のトップだったらな。勝手な独り言です。